本日も感想文

読んだこと、観たこと、聴いたことの覚え書き

映画

羊と鋼の森 (2018)

本屋大賞をとったこの映画の原作。ずっと前に読んで、なんて健やかで優しい物語なんだろうと思っていました。高校生だった主人公が、調律に出会い、仕事を通して成長していく物語。静かでゆるやかな展開だけど、芯があって、力強くて、誰もが優しい。とても…

恋は雨上がりのように (2018)

楽しみにしておりました。大泉さんの恋愛映画!!!45歳のおじさんが、女子高生に恋心を抱かれる。なんという素敵な設定。観に行ったのが、偶然雨の日。素晴らしい偶然に、感謝! ざっくりなあらすじ 怪我で陸上の夢を絶たれた高校2年生の橘あきらは、偶然入…

グレイテスト・ショーマン (2017)

遂に観てきました、グレイテスト・ショーマン。混んでいる映画館が苦手なので、もうこのぐらいなら大丈夫かな?と思った通り、そこまで人が多くなくとてもいい環境で観てきました。がしかし、観た後ちょっと後悔。もう少し早く観に行けばよかった。そしたら…

鎌倉ものがたり (2017)

違う映画を観に行こうと思って映画館に行ったのですが、えらく混んでいたので、どうしようかな、また今度来ようかな、と思った時に目に飛び込んできたのが「鎌倉ものがたり」。年末に行こうかと思っていた時に風邪を引き、そのままになっていたのを思い出し…

ドリーム (2016)

駅前のイベントコーナーを通りかかったら、くじ引きに誘われました。外れでも美味しいパン屋さんの無料券がもらえる、という誘い文句に惹かれてホイホイとくじを引く私。そうしたらくじに当たったのです。映画のチケットが。その時もらったパンフレットを読…

羊の木 (2018)

役者さんがみんないいので、予告を見たときからすごく気になっておりました、ようやく観に行った羊の木。ものすごく不思議な感覚です。 ざっくりなあらすじ 寂れた港町・魚深にそれぞれ移住して来た6人の男女。彼らの受け入れを担当することになった市役所職…

嘘を愛する女 (2018)

CMで見るたびに、高橋一生さんが気になって気になって遂に観に行ってきました。「嘘を愛する女」レディースデイなのもありますが、高橋一生さん目当て(もちろん自分含む)であろう女性ばかりでございました。でもそうなっちゃうよね。長澤まさみちゃんもか…

彼女がその名を知らない鳥たち (2017)

二ヶ月連続で、沼田まほかるさん原作の映画が公開されるのも、何かの縁かも知れません。ユリゴコロを観て、とってもよかったので、何故かこの映画もきっといいに違いない、という確信を持って映画館へ行きました。「共感度ゼロの最低な男と女が辿り着く”究極…

ユリゴコロ (2017年)

少し前ですが、何かの映画を観に行ったときに流れていた予告で興味を引かれました。「あなたの優しさには容赦がありませんでした」「人殺しの私を、愛してくれる人がいた」吉高由里子ちゃんが出ている作品で、最も好きなものは「花子とアン」。ここ最近で一…

バーフバリ 王の凱旋 (2017年)

端っこの席で観てよかった。映画の途中、何度思いました。とにかく、エンターテイメントの集大成。と言うよりエンターテイメント超特大大盛り。「なにそれ?」「いやいやいや」「マジか…」思わず出てしまう声をなんとか抑えるのに必死でした。だけど声を出さ…

スポンサーリンク