本日も感想文

読んだこと、観たこと、聴いたことの覚え書き

1年後に夢をかなえる読書術 間川清

 本屋では1000円ほどで1億円が売られている

帯に書かれていたこの言葉。
もちろん、実際に本屋さんで1億円が売っているわけではない。しかも1000円でなんて普通に考えてありえない。だけど本の中に書いてあることを実行して成功すれば、1000円で購入した以上の価値があるということ。

何か知りたい、やりたいと思ったら本屋に行く。そして自分の欲しい情報が書いてある本を買う。だって本は、人生においてのカンニングペーパーだから。自分がやりたいことが書いてある本を探せば、その方法、失敗談、成功談が書いてある。成功したってことは、失敗を乗り越えてきたってこと。自分がやみくもに行動して失敗する前に、他の人が失敗をしてくれている。そして、失敗の回避方法や、どうすれば上手く行くのを示してくれるのが本であるとのこと。
本屋さんにせっかく、たくさんの「カンニングペーパー=本」が売っているんだから、買わない手はない。読まない手はない。だから、本屋に行こう!そして本を買って読んでものにしよう!という本だった。

 

「本を読む→行動する」

読んでから、そのノウハウに従って行動する。そうすれば夢がかなう、という単純な理屈。
当たり前のことだと思ったけど、確かに実際に行動するかと言われるとなかなか難しいかも。読んで満足。読んだだけで、行動してもいないのに、できたつもりになることの、なんと多いことか。時には本を買っただけで読まずに満足しちゃうこともある(まさしく自分)。それでは当然成功しない。行動に移すにはどうしたらいいのか、という方法まで書いてあって、なるほどなーと思った。

驚きだったのは、本を読む人間が思っているよりもずっと少ないこと。日本人のうち1ヶ月に1冊も本を読まない人が50%を超えるんだそう。そうすると、本を読んで成功する(夢がかなう)ライバルが少ないってことらしい。これはやらねば損だ、と思わせてくれるのはやる気になるかも。

 

 気になったこといくつか

・毎日本屋に通う
・行きつけの本屋を持つ
・1日3軒本屋を回る
・新聞の広告欄で本を探す
・人に勧められた本は買う
・TOP POINT
・古典を読む(歴史に学ぶ)
・翻訳を読む(手間がかかってる分お得)
・行動する!
・読んで満足しない
・気になるページは折る(ブックマーク)
・知ってるとところは読み飛ばす
・メモる(実践するに値する部分を)

 

 最後に

個人的満足度★★★☆☆
大事なのは読むだけでなく、行動すること。本に書かれていることの20%でも実践すれば、成功者になれる。本を読んで行動することの大切さを、改めて気づかせてくれる本でした。だけどなあ、実際に行動するのは結構難しいんだよなあ。1000円→1億円への道はなかなか険しい、ということで★3つ。

だけど「読むだけではダメだ!」は、まさしく今の私にピッタリ。特に読んだ本を感想文として残しておこうとしている真っ只中には、大変ためになる本でした。本に書かれているように、読むだけでなくきっちり行動に移して、ものにしようと思います。あれこれ言い訳せずにがんばります。

スポンサーリンク