本日も感想文

読んだこと、観たこと、聴いたことの覚え書き

彼女がその名を知らない鳥たち (2017)

二ヶ月連続で、沼田まほかるさん原作の映画が公開されるのも、何かの縁かも知れません。ユリゴコロを観て、とってもよかったので、何故かこの映画もきっといいに違いない、という確信を持って映画館へ行きました。「共感度ゼロの最低な男と女が辿り着く”究極の愛”とは」というキャッチコピーにも惹かれたからです。また松坂桃李くんが出ていましたが、ユリゴコロとは全然違う役でした。しかも全然違う印象の役で。本当にすごかったです。

 

ざっくりなあらすじ

15歳年上の男・陣治と暮らしながらも、8年前に別れた男・黒崎のことが忘れられずにいる女・十和子。不潔で下品な陣治に嫌悪感を抱きながらも、彼の少ない稼ぎに頼って働きもせずに怠惰な毎日を過ごしていた。ある日、十和子が出会ったのは、どこか黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島。彼との情事に溺れる十和子は、刑事から黒崎が行方不明だと告げられる。どれほど罵倒されても「十和子のためだったら何でもできる」と言い続ける陣治が執拗に自分を付け回していることを知った彼女は、黒崎の失踪に陣治が関わっていると疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯えはじめる――。

 

 

超個人的感想 

出てくる人みんな、嫌な人なんです。だけど何だろう、ものすごく好きな映画です。

笑えるぐらい、どの登場人物も欠陥だらけなんです。蒼井優ちゃん演じる十和子がまずクレーマー。こんな女から電話かかってきたら超めんどくさいな、と思う嫌な女っぷり炸裂しています。絶対に友達になりたくないし、家族にいたら確実に説教するレベルの嫌な女で、全く共感できないんです。自分は何もせずに男に食べさせてもらっているのに、その男を軽蔑しているのも嫌なら、そのくせ超面食いで、イケメンが近寄ってきたらホイホイ好きになっちゃう軽さも最低。延々と漂うメンヘラっぽさも加わって、「何だ、この嫌な女」と思うんですが目が離せない。蒼井優ちゃんめちゃくちゃうまいんです。もうほんとすごかった。

そして阿部サダヲ演じる陣治は不潔で、暑苦しいぐらい鬱陶しくて、生理的に受け付けないタイプの男。無理やり笑顔を作ったり、一人だけはしゃいで空回りしながら、だけど十和子に異常なほど献身的なのが病的に見えて、それが底の見えない恐怖を感じるんです。なんかやらかすんじゃないの?いや、もしかしてもうやらかした後なの?みたいに。何より嫌だったのが、ご飯の食べ方。思い出したら気持ちが悪くなるぐらいの食事マナーの悪さです。普段の阿部サダヲさんはそんな食べ方をしていないと思いますが、食べ方って大事だな、と心底思いました。十和子は陣治を邪険に扱っているのに何故二人が一緒に住んでいるのか理解に苦しむぐらいです。

それから松坂桃李くん。とんでもなくゲスです。とにかくゲスで身体だけです。蒼井優ちゃんが「ペラッペラなセリフをペラッペラな状態で言えている」と褒めていましたが、本当にその通りでした。こんなにペラペラな野郎も珍しいな、ぐらいの薄さです。こんな男と結婚した嫁が本当に気の毒で気の毒で。だけど!だけどですよ!ねっとりしたラブシーンが素晴らしいもんだから、目が離せないんですよ。身体しかねえのかよ!エロすぎるだろ!本当に最低だな!と思いました(褒めてます)。この先、松坂桃李くんはずっとゲスな最低男を演じたらいいんじゃないだろうか、と思うぐらい似合ってました。そして何度も言いますがエロさが酷いです(褒めてます)。他の役を演じてもエロゲス水島が散らついたらどうしよう、という素晴らしさでした。

最後にもう一人、最低最悪の登場人物が竹野内豊さんです。めちゃくちゃかっこいいんですよ、見た目は。声も素敵だし、外見は最高なんです。だけど中身は最低最悪…物語の核心に触れてしまうので詳しくは書きませんが、本当にこんなことする男いるのか?と目を疑うヒドさです。本当に酷いクソ野郎を演じきってます。他の三人も嫌ですが、この役が私は一番嫌だったなー。かっこいいから余計に嫌でした。どうしてこの役引き受けた!という最低っぷり。

どの人も見てて好きになれないし、「いろいろ最低だな」と思っていたんですが、途中から風向きがガラリと変わります。真相が見え始めると、揺さぶられる幅が強すぎて、戻ってこられなくなります。不快に思っていた私はどこに行ったのか。急に全部を簡単に受け入れてしまう自分が不思議なほどでした。阿部サダヲさん、本当にすごいです。どうして十和子が陣治と暮らしているのか、どうして陣治はうっとうしいぐらい十和子に構うのか。「気持ち悪い」「生理的に無理」と思っていた陣治の見え方が180度ひっくり返って、気がついた時には涙が溢れていました。まさかこんなことだったなんて。

陣治の愛情を目の当たりにしたら、全部納得してしまいました。それを「究極の愛」と呼べるかと問われたら、そうだとは言い切れないかもしれませんが。それでも、どんなに歪んでいても、エゴだったとしても、陣治の十和子に対する気持ちは確かに深い愛で、だからこそ、私は涙が止まらなくなったのだと思います。ものすごい映画でした。

 

 

個人的満足度★★★★★

本当にいい映画でした。誰一人好きになれる人はいないし、前半は不快感が漂う嫌な感じに包まれていたのに、途中から一気に違う方向に引っ張られて、最後には涙が止まらない。終わった後も、余韻が長く尾を引きました。あんな風に人を愛することができるものなのか。そしてあれは愛情と呼べるものなのか。深く考えさせられる映画でした。

みる人によっては、不快で仕方がないかもしれないですし、最低男たちに腹が立っておさまらないかもしれないですが、少なくとも阿部サダヲさんと蒼井優ちゃんのすばらしさだけは感じられると思います。二人がこの映画の主役で本当によかった。傑作です。