本日も感想文

読んだこと、観たこと、聴いたことの覚え書き

お金を整える 市居愛

「お金」と書いてある本は、本屋さんを何気なくうろついていても目に飛び込んできます。お金について普段から意識しているからなんでしょうね。帯に「お金はないのでなく、散らかっている」とあって、散らかるとは何?「お財布がパンパン」「ポイントカードだらけ」「家計簿がめんどくさい」。帯に書いてあることが当てはまりすぎて、購入。

 

ざっくりなあらすじ

  • お金には通り道がある
  • 財布を整える 財布はあなたの心の鏡
  • 通帳を整える「ひとり1冊」のシンプルルール
  • 冷蔵庫を整える
  • 手帳を整える「3つの書き込み」で貯まりだす
  • 借金を整える「7日間」で一気に片付ける
  • お家を整える「ひとり、ひとつ」の法則

 

著者の意図は?

著者は数年前まで、毎月お金の悩みがあったそうです。それが、お金の通り道を整え、必要な流れと不要な流れがわかるようになったら、貯金に成功するようになったとのこと。それを他の人にも知ってほしい、とのことでこの本を書いたのだと思われます。

 


超個人的感想

まずお財布。よく聞きますよね、お財布をキレイにするとお金が貯まるって。基本的なことをきっちり書いてあります。カードは何枚。ポイントカードは何枚。キャッシュカードは持たない、など具体的な数字で示してくれるのでとても分りやすいです。そして「お財布が乱れてきたサイン」を知る方法も簡単に実践できて、おまけにサインとして効果的に機能してくれそうなので、早速やってみようと思います。

次に通帳。ひとり一冊にする。と書いてあったので、家族の通帳を確認してみたら…ひとり何冊も出てきてしまいました。その中には当然しばらく使っていない「休眠口座」があり、これは解約しなくちゃいけないなと思いました。結構使っていないものもそのままにしてあるんですね、さらに、お金を引き出すのは「月に2回まで」。キャッシュカードを持ち歩いていると、お金がない→ATMに直行、となってしまうので、月2回ではとてもおさまらない。だからキャッシュカードを持たないということなんですね。

さらに、冷蔵庫。冷蔵庫とお金って何が関係あるの?と思ったら、食費でした。我が家は冷蔵庫は結構スカスカで、必要なものしか入っておらず、不要なものはすぐ捨てているので、結構整っているのかも、と思いましたが、週に2回買い物をする曜日を決めるというのは、働きながら家事をするにはありがたいので、これは取り入れたいと思います。

一番やってみたいと思ったのは手帳です。「予定と金額をセットで書く」というのは是非やってみたいです。つまり自分の予定に「予算」を決めるということ。そして実際に使った金額も予算の下に書くのだそうです。収支を自分の予定と合わせるんです。そして日曜日に財布の残金を書く。そうすると残りの金額が分かり、収支が把握しやすくなるとのこと。さらに、財布を開かなかった日に印をつけてモチベーションアップ、お金を下ろす日を記入など、お金の計画を手帳に書くのはおもしろいなと思いました。

 


印象に残ったのはこちら

  • お財布を開いたときに、いつも一万円札が見える
  • クレジットカードは1枚にする
  • お金を貯めるにはお札をできるだけくずさない
  • 通帳に残せたお金を鉛筆で囲む
  • 3日間、断金生活
  • 夫を整える

 

 

オススメするのはこんな人

  • お財布がパンパンの人
  • 通帳が何冊もある人
  • 冷蔵庫の中身が把握できていない人
  • 借金のある人
  • お金を貯めたいけど貯められない人

お財布を整えたいなら、冷蔵庫を整えたいなら、具体的に何をしたらいいのか詳しく書いてあるので、その通りに実践すれば、確実に道は整うと思います。読んだらやるだけ。あと、借金についても、自分が借金と思っていなくても実はお金を借りている「リボ払い」とか「分割」とかも利用している人は読んでみると参考になると思います。

 

 

個人的満足度★★★★☆

分かりやすく、数字を入れて具体的な解決方法を教えてくれているので、取り入れやすいと思います。お金が冷蔵庫や家にもつながるというのは、とてもおもしろかったです。ただ、結構よく聞くことではあるな、と思ったので星4つです。

一番気になった、最後の章の「夫を整える」。夫が好き勝手に買ってくる、弟のご祝儀に20万円など、もう覚えがありすぎる内容がならんでいます。これ、夫あるあるなんですね、きっと。だけどその夫の行動にもきちんと理由があって、その理由を理解できると、怒ることもなくなるということでした。コンビニで無駄遣いをする、という旦那さんの例が出ていましたが、相手を理解するのは難しいけど、理解したら幸せだなあとほのぼのしました。お金を整えることは、人生を整えること、という言葉が「夫を整える」と繋がって素敵だなと思いました。