本日も感想文

読んだこと、観たこと、聴いたことの覚え書き

マンガでわかる マッキンゼー式ロジカルシンキング 赤羽雄二

掃除していたら、家族が購入していたこの本が出てきました。「マンガでわかる」という本を実は一度も読んだことがなかったのですが、開いたら何だかおもしろそうだったので見てみたところ、ものすごく早く読める!今までマンガでわかるを読まなかったのはもったいなかったな、と思います。

 

ざっくりなあらすじ

  • マッキンゼーを世界一にした「ロジカル・シンキング」とは?
  • 「A4メモ書き」で論理的思考は誰でも身につけられる
  • フレームワークで脳内を片付ける
  • ロジカル・シンキングで思考を加速する
  • 「ゼロ秒思考」で問題解決する!

 

著者の意図は?

企画が通らない、アイデアが採用されない、という悩みを持っている人のために、マッキンゼー出身の著者が「ロジカル・シンキング」を身につけてもらうために、 論理的思考とはどういうことかをわかりやすく伝えようとしたのがこの本。マンガなのでより読みやすくしていると思います。

 

超個人的感想

全部の章で、マンガで概要を伝えた後に、詳細を文章で説明する構成になっています。

いちばんわかりやすかったのは、著者の考えるロジカル・シンキングとは「なるほどね」と言ってもらえること。マンガの中の主人公も「それだけ?」と言っていましたが、それだけだそうです。論理的と言われると、多くの人は難しく考えすぎていているそう。だから論理的思考は誰でもできるもの。相手に「なるほど、そりゃそうだ!」と思ってもらえれば、正解ということなんだそうです。そう聞くと自分にもできる気がします。

その「ロジカル・シンキング」を実際に身につける方法が「ゼロ秒思考」。やり方は簡単。A4用紙を横書きにして、左上にタイトル、右上に日付、本文は4〜6行、各20〜30字書くというもの。これだけなら確かに簡単!と思ったのですが、ポイントがA4メモ書きを1ページ1分で書いて、毎日10ページ〜20ページ書くこと。なかなかのスパルタです。

言葉を選ばず、内容も吟味せず、頭に浮かぶままに書き出していく感じ。それならできるかな?と思ってやってみましたが、結構難しい!測ってやってみたら、1分なんて本当にあっという間なんです。スマホやパソコンの影響で、全然文字も書けないし…おまけに1日最低10ページ書いたとすると、一ヶ月で300ページ、すごい量。しかし書き方のコツや、書いたA4用紙の保管方法などもあるので、やってみようかと思います。

それからこれは使えるな!と思ったのは「理由は必ず3つ挙げる」ということ。理由を3つあげて、それを説明しようとすると、検討そのものが深くなって、論理的思考が徹底されるのだそうです。適当な思いつきだと、3つも理由を考えることができないのだとか。さらに3つの理由があることで、自分に自信が持て、相手に安心してもらえるという効果もある。習慣化するとメリットがたくさんということなんですね。

また、フレームワークの使い方についても詳しく教えてくれています。丁寧に説明されているだけでなく、それとゼロ秒思考を合わせて使う方法なども教えてくれているので、実際に考えるとき便利だと思います。

 

印象に残ったのはこちら

  • ところでマッキンゼーって何の会社?
  • 速く書こうと思わなければ、自然に速くなることはない
  • 言葉選びをしたところで、アイデアがよくなることはない
  • 一件の内容につき、A4用紙一枚
  • 同じタイトルでも気がすむまで何度も書く
  • 保管したメモはすぐに見返さない
  • 時間をかければ考えが深まるわけではない
  • スピードこそが、仕事の質もやる気も連れてくる


オススメするのはこんな人

  • 企画やアイデアが通らない人
  • 人に分かりやすく伝えられない人
  • 問題解決をしたいと思っている人
  • 仕事のスピードを速くしたい人
  • 人間関係に悩んでいる人

企画職やリーダーなどにとても必要な考え方だと思います。そして1分で書く、というスピードを重視しているゼロ秒思考のは、仕事のスピードを速くしたいと思っている人には最適かも知れません。さらにロジカル・シンキングは人間関係にも役に立つのだそうです。相手の話が納得できなくても、分けて考えられるようになり、どこが合意・納得していて、どこがそうではないか、冷静に判断できるようになれるから。仕事はもちろん、人間関係に不安がある人にも参考になる本だと思います。


個人的満足度★★★★☆

「ゼロ秒思考」やり方はとても簡単だけど、スピードを重視したり、数をこなしたり、実践していかなければ身につかないもので、「頭のトレーニング」という言葉がぴったりだと思いました。だから「ただ考えている」だけでは、ロジカル・シンキングの域には到達できないんだなと。筋トレと同じような行程を経て、初めて身につくのだと納得しました。

ただし、1日10〜20ページはかなりのハードトレーニングということで星4つです。20ページを毎日やるとA4用紙が600枚…保管場所とか色々考えると躊躇してしまいますが、頑張りたいと思います。

マンガが思いのほか分かりやすく、頭にも入ってきやすかったので、これから「マンガでわかる」という本を読むのもいいかもしれません。自分では購入しない本を読むのもいいな、と思いました。

 

スポンサーリンク