本日も感想文

読んだこと、観たこと、聴いたことの覚え書き

羊の木 (2018)

役者さんがみんないいので、予告を見たときからすごく気になっておりました、ようやく観に行った羊の木。ものすごく不思議な感覚です。

 

ざっくりなあらすじ

寂れた港町・魚深にそれぞれ移住して来た6人の男女。彼らの受け入れを担当することになった市役所職員・月末は、これが過疎問題を解決するために町が身元引受人となって元受刑者を受け入れる、国家の極秘プロジェクトだと知る。月末や町の住人、そして6人にもそれぞれの経歴は明かされなかったが、やがて月末は、6人全員が元殺人犯だという事実を知ってしまう。そんな中、港で起きた死亡事故をきっかけに、町の住人たちと6人の運命が交錯しはじめる。

 


個人的感想

最初から最後まで、なんだかずっと違和感や居心地の悪さを感じます。主人公の月末が、6人全員元殺人犯だと知る前から、ずっと不穏な空気が漂っていて不安定。それが「全員殺人犯」と知ると、余計に助長される感じでした。

錦戸さんは恐ろしく普通の人。どうしてこんなに普通の人の役が似合うんだろう、と思うぐらいめちゃくちゃ普通です。善良な市民、そして市役所職員。自転車で通勤して、町名が書いてある市の車で仕事して、お祭りの時には市が支給するジャンパーを羽織る。どこをどう見ても、市役所社員にしか見えません。しかも超真面目な。

彼の住む町にやってくる6人の元殺人犯は、みんな特徴的です。特に松田龍平さん演じる宮腰の特異さが異常です。この世に生きていない、宇宙人のような感じ。どうやったらこんな空気が出せるのか。松田龍平さんは本当に魅力的な俳優さんですね。全然つかみどころがないように見えて、主人公の月末にはフレンドリーに接したりする。その不思議な空気が他には真似できない怖さを感じさせます。

また、錦戸さんと松田龍平さんの対比がすごいです。超普通の善良市民と元殺人犯の宇宙人。正反対なのに、何故か同じ空気も感じるんですよね。そして時間が経つにつれて「友達」の関係になるんです。錦戸さんからは、私がよく知っている友達としての感覚だと思いますが、松田龍平さん側からはどうだったのか。「友達として?それともし市役所職員として?」というセリフが、怖いのに少し切なかったです。普通の人と殺人犯、人間と宇宙人が友達になれるのか、というように見えたので。

 途中でこの町の昔から伝わるお祭りのシーンが出てくるんですが、これがよく分からない。その名も「のろろ祭り」。怪しいし、怖いし、嘘くさいし、つくりものっぽい。おまけに尺が長い。間延びしたように感じました。この神様、嘘っぽいなーと思ったら入り込めなかったので。もう少し精巧だったらよかったのかもしれません。

後半に突入すると、松田龍平さんの怖さが際立ちます。しかも結構急に。そこと対峙するのが超普通の市民、錦戸さん。全然太刀打ちできないよ、と思いきや、きっちり対峙してるんです。むしろ普通の人だからこそ、宇宙人と向き合えるのかもしれないと思えるような。そこはなかなかの見所だと思います。

 

つかみどころのない松田龍平、ずっと不安な錦戸亮、そして優香

 松田龍平さんがすごいです。何を考えているか全然分からない。普通に話しているような気がするんですが「普通の人とは絶対違うよね」という空気。なのに錦戸さんに懐いたように接してくる。つかみどころがないのか、ただの子供みたいな感じなのか、本当に読めないのが、余計に怖かったです。

そして錦戸さん。最初はすごく柔らかく、善良な市の職員として新しく市民になった人たちを受け入れているんですが、受け入れている人が全員刑務所帰りだと知ってから、ずっと不安そう。不安だし怖いけど、でも信じたい、という葛藤を本当にうまく演じていたと思います。あと、ベース!何度かベースを弾くシーンが出てくるんですが、仕事帰りのYシャツとベースの組み合わせが最高です。もうずっとそれで良かったのに。

最後に優香さん。登場するたびに「おぉぉ」と出そうになる声を我慢するのに必死でした。ピチピチTシャツの威力は半端ないし、歯磨きシーンですよ、歯磨き!それなんなの?どういう趣向なの?その息遣い、どういうこと?と優香さんの色っぽさに、激しく動揺しました。おまけに殺人の理由。それを聞いている錦戸さんのなんとも言えない複雑な表情と重なって、忘れられません。

 

個人的満足度★★★☆☆

ずっと不穏な空気です。それが狙いの映画なんだと思います。最初から何度も感じる違和感は、監督の狙いなのか、なんか落ち着かないのです。それは主人公の錦戸さんの不安や落ち着きのなさを表しているんですよね。それはそうですよね、殺人犯と会うだけでも緊張するのに、それが6人も。怖くないはずがないですから。ずっと不穏ではありますが、殺人犯でも人に信頼されるのか、幸せになれるのか、というテーマにも触れていて、その部分はちょっとほっこりしました。

俳優さんはみなさん素晴らしかったですし、映画全体に漂う空気も世界観を表していて良かったのですが、お祭りと神様の「つくりもの」の感じがどうしても気になってしまって集中できず。さらにラストのラストでその「つくりもの」に、え?となってしまったので、星3つです。どうせだったら、もっと「本物!」と思える神様がよかったなーと思います。

 

スポンサーリンク