本日も感想文

読んだこと、観たこと、聴いたことの覚え書き

ありえない「妄想」でお金も恋も引き寄せる! かずみん

妄想は得意分野です。そのせいか、本屋さんで「妄想」という文字を見つけ、吸い寄せられるように手に取ってみたら、妄想よりももっと見逃せないタイトルが。「お金も恋も引き寄せる」。うん?妄想でお金を引き寄せる?お金を引き寄せる、ですと?私、妄想は得意分野ですが、お金は引き寄せておりません。それなのにこの著者は、お金を引き寄せていらっしゃると…これは何かコツがあるのか?と思い購入。

 

 

ざっくりなあらすじ

  • 引き寄せの法則、もとい「妄想の法則」
  • お金を引き寄せる。妄想の法則で願いが叶った状態になる
  • 恋愛を引き寄せる!妄想の法則で好きと幸せを感じる
  • うまくいかない時の乗り切り方
  • そして世界が変わる時

 

 

著者の意図は?

著者のかずみんさんは、引き寄せの法則に出会った時に気がついたのです。ご自身が「今まで自分の思った通りの現実になっている」ということに。妄想が得意だったかずみんさんは、無意識のうちに、妄想=イメージング(引き寄せの法則)という手段を使って、未来を作っていたそうです。それにはやっぱりちょっとしたコツがある、とのことでブログを書き、そして本も出されたそうです。

 

 

超個人的感想

超わかりやすいです。おまけにすごく共感します。妄想をするコツが「ちょっとあほになる」と書いてあったんですが、まさしくその通りだと思います。私も妄想中はだいたいどあほ状態なので、やり方は間違っていなかったようです。だけど、どうしてお金を引き寄せていないんだろうと思ったら、当たり前でした。私、お金のことで妄想したことがなかったんです(涙)そりゃ引き寄せないな、と納得。

妄想に必要なのは、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚。五感とのこと。分かる、分かりすぎます。私も五感を最大限にまで引き出して妄想しています。

がしかし、ここからが違ったんです。「楽しくない妄想なんて意味がない!」マジですか?私、楽しくない妄想というか悲劇も好きなんです…妄想の中で悲劇のヒロインになるのはなかなかに面白いので、よくやっていたんですが、それはダメだったということ…だって悲劇を引き寄せちゃうから。なんてこったい。せっかくの妄想力を逆に使ってしまっていたということですか。それは叶わないはずだ。

しかし、もちろん楽しい妄想も大好きです。たいていが好きな男前(テレビの中、舞台の上の人)相手なので、どれだけ楽しくても叶ったためしはないですが、著者が書いているように「妄想で幸せを感じる」のは大得意です。その能力を、今までずっと男前妄想のみにフル活用してきたのですが、使うところが違っていたんですね。お金や叶えたい夢に妄想を使って幸せを先取りすれば、現実は変わる。だけど私は手の届かない男前達ばかり妄想していた。そこにのみフォーカスしていたのがダメだったのか!と自分の過ちに気がつきました。せっかくのイメージングを、「完全なる妄想(痛い方)」のみに使っていたのです。盲点でした。まあ、めちゃくちゃ楽しいので、完全な間違いではないとは思うんですけど。

だけど、この本を読んで「叶える妄想」のコツを知ることができました。楽しい妄想を、夢やお金に使ってみる。そうしたらなんだか、ものすごく高速で叶う気がしてきました。早速やってみます!ただし、男前妄想も大好物なので、そこは減らさない方向で。

 

 

印象に残ったのはこちら

  • 幸せという感情を先取りするのは妄想
  • やたらとニヤニヤしてしまう(経験済み)
  • ただ妄想するだけでなく、感情を先取りする
  • ここぞ!という時は行動する
  • 「一生懸命ちゃんとしない」のが鉄則
  • 妄想しながら毎日ニヤニヤすれば願いは叶う
  • ちょっとあほになる
  • 幸せなお金持ちとして暮らす妄想
  • 妄想にやりすぎはありません。いやむしろやりすぎましょう。
  • 現実は知らん
  • 考えすぎない

 

 

オススメするのはこんな人

  • 妄想が苦手な人
  • 引き寄せってよく分からない人
  • 難しく考えすぎてしまう人
  • 妄想が得意な人

妄想が苦手な人や、真面目すぎる人は、このぐらい「あほになる」感覚が身につくと、とても楽しくなると思います。私は妄想は大得意なのですが、使い方が間違っていたんですね。いや、間違っていたわけではないのですが。せっかくの妄想力があるのなら、自分の叶えたいことのために使わなくちゃ!と教えてもらって本当に感謝です。あとは、引き寄せがイマイチ分からない私にも分かりやすかったので、「引き寄せとはなんぞや??」という方にもオススメです。

 


個人的満足度★★★★★

正直「この本、私の魂が抜け出して書いたんじゃないだろうか」と思ったぐらいです。昔、妄想ブログばかり書いていた頃は、本当に「あほ」でした。あほでイタくて、だけどそんな毎日が楽しくて仕方なかったのです。「妄想は世界を救う!男前は世界を救う!」とずっと書いていたのですが、それもいつしかブログを書かなくなって、毎日ちょっとずつつまらなくなっていたんですよね。最近、もう一度書こうと思ってから、少しずつ楽しくなってきました。そんな時に出会ったこの本。「お前、やっぱり妄想しろよ」と、男前達に言われているようでとても勇気付けられました。

そして、妄想で引き寄せるコツを教えてもらったので、もうこの先全部うまくいく気がしてきました。単純でもなんでも、こういうのは信じるのが大事。引き寄せ的な「感謝する」「あるにフォーカス」と言った内容もこの本には書いてありましたが、私はあえてそこはすっ飛ばして、自分の気持ちにダイレクトに来た「妄想は楽しくなくちゃ意味がない」と「妄想はやりすぎてなんぼ」に集中したいと思います。だって、苦手なことを一生懸命やるより、自然に浮かんでくる妄想を大事にした方が、きっと楽しいから。

著者のかずみんさん、ありがとうございます。大切なことを思い出せました。

私、また、妄想全開で行きます。