本日も感想文

読んだこと、観たこと、聴いたことの覚え書き

お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣  金子由紀子

部屋の掃除をしていたら、出てきました。ずいぶん前に購入したのに、読んでいなかったこの本。部屋がキレイになると、スペースができて嬉しくなりますが、しばらくするとその空間は消え、気がつけばものが増えている…買ってるんですよね。これはひょっとして今ぴったりなのでは?と思い、読んでみました。

 

ざっくりなあらすじ

  • タイプ分けチェックチャート
  • 「買い物」が暮らしを貧しくしている
  • 買わない習慣を始めよう
  • お金をかけずに豊かに暮らすコツ
  • 心地いい毎日をつくるお買い物術
  • 買わないことで、暮らしと世界を変える

 

 

個人的感想

一番最初に、自分がどんなビンボータイプなのかを知ろう!ということで、タイプ分けチェックチャートがあります。やってみたところ、私は「スタバ貧乏(自分にご褒美)」。『全体的に出費は控えめだけど、カフェ代やスイーツについお金を使ってしまう人。習い事や美容、ダイエットへの関心は高く、部屋には2000円前後のオシャレ雑貨がいっぱい』。私、確かにカフェ代が異常に高いのです。カフェで本読んだり手帳書いたりしているので、自分にご褒美とは少し違う気もしますが、一緒にスイーツも食べること多し。だけどダイエットへの関心は高い。書いててものすごく自分が矛盾した行動をとっていることに気がつきました。おまけに、2000円前後のオシャレ雑貨…オシャレかどうかは別として、そのぐらいの金額の雑貨は確かにいっぱいあります。その処方箋が「社会の厳しさに、少し疲れているのかもしれません。暮らしの中にたくさん美しいものを用意しましょう」とあって、ちょっと切なくなりました。だけど、これだけ当たってるなら、解決法もあるはずだ!と逆にやる気になるから不思議です。

「なぜ買ってしまうのか?」は「あるある」と思いながら読めますが、単なる習慣だったり、安かったり、時間がなかったり、と別に買わなくてもいい理由で買っていることが分かり、それがお金がない原因か、と気づかされました。そして「買わない」という習慣を作ってしまえばいいのだそうです。

買わないものは何か?「つまらないもの」自分の暮らしにとってつまらない、自分の暮らしを豊かにしてくれないもの。そしてどこで買わないか?100円ショップ、コンビニ、ディスカウントストア、通販、バーゲン。こういうところで買わないようにしてみるだけでも、生活はずいぶんと変わってくるみたいなので、実践してみようと思います。そして、買わずに借りたり作ったりすること。ないものはなんでも買ってしまうので、買わずに代用できないか、考えることから始めたいと思います。

だけど、買わないだけでなく、買うことも大切!とも書いてあるので、ガッチガチではありません。「買っていいもの」の基準がはっきりしているので、それを参考に買うようにすれば、必要ないもので部屋が溢れないと思います。基準だけでなく、買う場所、買う時期も教えてくれているので、参考にしたいと思います。

ただ、ちょっと共感できないところも。粗大ゴミって拾ってよかったんでしたっけ?昔は良かったのかもしれませんが、今これを鵜呑みにしたらダメな気も。あと料理についても、毎日作るっていうのは、結構大変ですよね。買わない習慣と思っても、しんどいときはお惣菜買ったり、外食したくなりますよね。そういうときコンビニ弁当だって「買っていい」に入れたいな、と個人的に思います。

 

おススメするのはこんな人

  • 毎日コンビニでなんとなく買い物する人
  • 毎日カフェでなんとなくコーヒーを買う人
  • ストレス解消で買い物をする人
  • 自分にご褒美が好きな人

これ、結構当てはまる人多いと思うんです。もちろん私もです。だけど、それって本当に必要ですか?と言われると、詰まってしまう。そんな人も大半だと思います。そんな人には、何を買って何かを買わないか。習慣を変える一歩を教えてくれる本なので、一度読んでみると、「あれはただのクセだった」となれるかもしれません。

 

 

個人的満足度★★★★☆

なるほどね!と思えることが多く、自分が単なる習慣でものを買っていたことが分かり、とてもためになりました。ただ、買う代わりにものを拾ってくるとか、コンビニ弁当全否定みたいなところがあって、その部分はちょっと共感できなかったので星4つです。「買っても大丈夫、買わなくても大丈夫」という部分はとても納得したので、バランスを考えながら、「なるべく買わない習慣」を目指していきたいと思います。