本日も感想文

読んだこと、観たこと、聴いたことの覚え書き

マインドフルネス瞑想入門 吉田昌生

前からこの本はよく見ていたのですが、「マインドフルネスってなんか怪しい気がする」と勝手に思い、ずっと見ないままできました。でもいつでもどこでも目に入ってくる。ちょっと気になるけど、でも怪しいし。がしかし、知り合いから「瞑想いいよ」と言われてから急に読んでみたくなり、結局購入するに至りました。まあ、気になっていた時から、こうなる運命だったのかもしれませんが。

 

ざっくりなあらすじ

  • マインドフルネス瞑想は心の整理術
  • マインドフルネス瞑想があなたにもたらすもの
  • 瞑想をはじめよう
  • マインドフルネス瞑想 実践のコツ
  • マインドフルネス瞑想のしくみ
  • もっとマインドフルに生きるために
  • 瞑想は、日常生活に活かすためにある

 

個人的感想

「なんか怪しい!」と思っていましたし、マインドフルネス瞑想という馴染みのない言葉のせいで、実践するにも大変に違いない、と思い込んでいたのですが、しょっぱなからそれを覆されました。え?1日1分でもOKなんですか?しかも、通勤時間のスキマ時間でもできるとは。知らないって怖いですね。勝手にものすごくハードルを上げていたようです。

そして、瞑想がもたらしてくれる効果がすごい。仕事や勉強の効率が上がる、ストレスが解消される、EQが高まって心が安定する、頭が明晰になる、直観力・創造力が高まる、お人間関係が良くなる、内も外も若々しく美しくなる、眠りの質が上がる、幸福感が高まる、自信が育まれる、影響力が高まる、自分らしい人生を実現できる。いやこれ、マジですか?本当に1日1分とかでそんな効果があるんですか?と疑ってしまうほどです。

だけど、読んでみたら初心者にもコツがわかりました。「今、ここ」に100%心を向けるあり方。そのための姿勢、呼吸、手の位置、目を閉じるかどうか、服装などについても詳しく書いてあるので、実践する時にも困りません。何もしない、ジャッジしない、受け入れる、というコツは、きっと10分瞑想しようと思うとなかなか難しいとは思いますが、まずは1分から始めてみると、そのうちできるようになるのではないかと思います。そして毎日やることが大切だそうです。1分でも、通勤時間でも大丈夫とのことなので、CDを聞きながら、実践したいと思います。

ちなみに、マインドフルネス瞑想は、脳の筋トレになるのだそうです。瞑想中にいろいろと思ったり考えたりしても、ジャッジしないで受け入れていくと、気づく力が養われるのだとか。だから、瞑想中に注意があっちこっちに行ったとしても、失敗ではなく成長のプロセスだと思えばいいそう。できないよーと思うとやる気もなくしますが、たとえ「今、ここ」に集中できなくても、それも成長と思えたら、気楽にできる。本当に挑戦しやすい本だと思います。

  

おススメするのはこんな人

  • 瞑想に興味のある人
  • 瞑想は怪しいと思っている人
  • 毎日ほんの数分で自分を変えられたらと思っている人
  • ストレスがたまっている人
  • 気持ちをリセットしたい人

瞑想は怪しくて難しい、と思っていた私でも、その効果や世界中で実践されているマインドフルネスについて、とてもよく理解できました。入門編として最適だと思います。瞑想誘導のCDも付いてますし、やり方も詳しく書いてあるので、興味のある方は是非。

 

個人的満足度★★★★☆

「怪しい」から「やってみたい」に変わったので星は4つです。思った以上に簡単で、難しい決まりもなく、もし思考があっちこっち飛んでも、それが成長のプロセスなんだと思えばいい、と思うとハードルがぐんと下がりました。1日1分でも、電車の中でも、気が散っても大丈夫!それは、本当に挑戦しようと思っている私に勇気をくれます。CDもとてもよくて、「歩く瞑想」「食べる瞑想」もあるので、こちらもやってみます。星マイナスひとつなのは、まだ実践できていないので、そこです。早速音源取り込んで、通勤時にもチャレンジしてみたいと思います。 

スポンサーリンク