本日も感想文

読んだこと、観たこと、聴いたことの覚え書き

聞くだけで花粉症が消えるCDブック

本日、花粉症を緩和するセラピーというものを体験しました。めちゃくちゃ不思議な体験で、その後、セラピーと同じような効果があるというCDブックを貸してもらいました。最初聞いた時には「怪しい」と思ったのですが、こちら、医学博士の方が書いた本なのです。花粉症も心理からアプローチする時代になったようです。

 

ざっくりなあらすじ

  • 花粉症が消えるCDの使い方
  • なぜ聞くだけで、花粉症が消えるの?
  • 免疫細胞さんと仲良くなる!体細胞療法(ソマティックヒーリング)
  • こんなに症状が改善した!驚きの体験談

 

個人的感想

花粉症を発症して、もう15年ほど経ちます。正直なところ、花粉症になる前は「花粉症でしんどいとか、そんなわけない」と、いまいち花粉の威力を信じられず、花粉をバカにしている感じを持っていました。ところが、ある年の2月頃から、ずっと喉が腫れ、ずっと鼻水が垂れ、ずっと耳がぼんやりし、ずっと微熱が下がらず、ずっと目が痒い状態が4月になるまで2ヶ月ほど続いたんです。「なんだかわかんないけど、ずっと風邪が治らない」と思っていましたが、4月の初め頃に目が恐ろしいほどに痒みで腫れ上がり、小鼻の横が切れて血がにじむほどになっておかしいと思い、皮膚科に行きました。その時言われたのが衝撃的でした。「重度の花粉症ですね」。え?花粉症?うん?そんなわけないよね。花粉症ってこんなに苦しいはずないよね!

しかし、検査結果を見てみると、アレルギーの項目が並んでいて、「スギ」「ヒノキ」「ネコ」「ハウスダスト」に反応が。しかもスギ、ヒノキ、ネコは「重症」のラインを超えていたのです。ネコアレルギーは子供の頃から酷かったので、驚きませんでしたが、まさか花粉症だったとは。そして花粉症がこんなに苦しいとは。

それからの付き合いです。発症するまではバカにしていたのに、発症してから10年以上、毎年苦しめられています。夜は眠れないし、顔は痒いくて赤く膨らむし、喉は2ヶ月腫れっぱなし。くしゃみ鼻水涙は止まらず、マスクと薬と目薬がないとまともな生活ができません。そんな時、教えてもらった「心理療法」。この本はその心理療法をCDにした本です。

セラピーの時には、免疫細胞にアプローチして、「花粉は敵じゃないよ」と教えてあげる、ということをしたのですが、この本ではアレルギーの仕組みや、心理療法が花粉症に効く理由が書いてありました。実際にセラピストさんにやっていただいた時には、仕組みなどについては詳しく語られなかったのですが、そこを理解すると、セラピーの意味も分かってきました。内容は私が受けたセラピーとほぼ変わらず、セラピストさんの声がCDになっているという感じです。

まだ今日セラピーに行っただけなので、効いているかどうかはわからない状態ですが、できるだけ繰り返しCDを聞くのが効果的とのことなので、やってみたいと思います。セラピー前にも、この療法を習いに来ているのは、実際に医療に携わる医師や看護師が多いことを教えてもらいました。そして自分自身が花粉症の医師や看護師が半信半疑で試しても、9割が症状が緩和したという話も聞いたので、効果がありそうです。聞くだけですし、イメージするのは得意なので、これで花粉症が楽になったら、と期待しています。

 

 

おススメするのはこんな人

  • 花粉症で苦しい思いをしている人
  • 春になると外に出たくない人
  • 花粉症は大変だけど、あまり薬を飲みたくない人

今まで、花粉症にいいというものはほぼ試してきましたが、効いた試しがありませんでした。そして、薬も去年効いたものが今年は効かない、という状態になり、薬ジプシーも何年も続けています。もしかしたら、この心理療法も同じかもしれませんが、すぐに読める薄い本ですし、試してみる価値はあるのではないかと思います。

 

 

個人的満足度★★★★☆

セラピーが不思議な感じだったんです。効いてるか効いていないかはまだわからないですが、なんとなくいけそうな気がしました。ただ、本にも花粉症の症状が出てからではなかなか難しいとあったので、もちろん今からCDを聞いてみますが、来年の花粉症の季節の前にもCDを聞こうと思っています。本当に今まで散々いろんなことを試してきたんですけど、薬以外は効かないんです。それでも「いい」と聞くと試したくなります。薬は効くんですけどね。眠たくなったり、喉がカラカラに乾いたり、何かしらの副作用を毎年感じるので、できるだけ減らしたいと思っています。だけど食事や生活習慣で変わらなかったので、今年は心にアプローチしてみるのもありと思いました。まだ今日始めたばかりなので、「よし!」とは言い切れないですが、期待を込めて星4つです。

スポンサーリンク